歯周病治療は函南町・伊豆仁田駅近くの歯医者「きのうち歯科医院」まで

  • 055-944-6256
  • WEB診療予約

診療時間 9:00~12:00/14:00~20:00 休診日 日曜・祝日

歯ぐきが腫れた・血が出る~歯周病~

歯ぐきの腫れや出血は、症状がかなり進行している証拠かも……

歯ぐきの腫れや出血は、症状がかなり進行している証拠かも……

歯周病はプラークに含まれる「歯周病菌」に歯と歯ぐきが感染し起こる病気です。そのまま放置を続けると、歯ぐきが腫れたり出血したりして、最終的には歯が自然に抜け落ちてしまうことも。しかし歯周病は自覚症状に乏しい病気であり、なんと日本人の成人のうち約80%が歯周病にかかっている、もしくは予備軍であると言われています。歯ぐきの後退や出血、歯の揺れなどはすでに症状が進行している証拠です。そうなる前に、できるだけ早く函南町・伊豆仁田駅近くの歯医者「きのうち歯科医院」までお越しください。

歯を失う確率は実は虫歯より歯周病のほうが高い?

歯を失う確率は実は虫歯より歯周病のほうが高い?

財団法人8020推進財団の発表によると、日本人が歯を失う原因の1位になったのは「歯周病」でした。さらに、厚生労働省が平成23年に発表した「歯科疾患実態調査」でも、「日本の成人のうちの8割が歯周病、もしくは歯周病予備軍である」という報告がされています。歯の病気と言えば虫歯を思い浮かべる方も多いでしょうが、実際には歯周病のほうが最終的に歯を失ってしまうほど重篤化しやすい、というのがよく分かる結果と言えるでしょう。

歯を失う原因

歯を失う原因

「永久歯の抜歯原因調査報告書」(平成17年3月 財団法人8020推進財団)

全身の健康を蝕む歯周病の恐ろしさ

歯周病の恐ろしさは、歯を失うことだけにとどまりません。実は、口腔内だけでなく全身の健康にも大きな悪影響が及ぶことが分かっています。以下はその一例です。

歯周病菌が血管から全身へ巡った場合
  • 糖尿病心筋梗塞などの心疾患
  • 脳梗塞
妊娠中の歯周病
  • 早産
  • 低体重児出産
誤嚥(ごえん)により肺へ歯周病菌が侵入
  • 誤嚥性肺炎

症状に合わせた歯周病治療の方法

歯周病は進行段階によって症状が異なり、それぞれで治療法も異なります。以下で、その詳細をご紹介します。なお、実際の治療法は患者様の症状に合わせて決定しますので、あくまで参考までにご覧ください。

軽度歯周炎
歯ぐきに軽い炎症が起こり、歯周ポケットが少しだけ深くなった状態です。歯みがきの際に出血したり、冷たい水がしみたりといった症状はあるものの、ほぼ痛みはありません。 軽度歯周炎
治療法
歯みがき指導 スケーリング

歯みがき指導

歯周病治療や予防には、毎日の歯みがきが欠かせません。当院では、患者さん一人ひとりに合わせた適切な歯みがきの方法を
指導しています。

スケーリング

普段の歯みがきで取り切れない、歯周ポケットや歯と歯の間にこびりついた歯石を「スケーラー」という専用の器具を使って除去します。

【軽度ならレーザーで痛みなく治療できます】

歯を失う確率は実は虫歯より歯周病のほうが高い?

当院では、歯周病治療に炭酸ガスレーザーを使用しています。歯周ポケットにレーザーをあてて歯周病菌を減菌します。通常、歯周ポケットが深くなると器具が届きにくくなり困難であった治療も、レーザーなら治療が可能です。 レーザーがあたる表面でのみ反応するため、歯肉の下にある骨には影響がありません。また、レーザーには傷んだ歯肉の治癒を促進する効果もあるため、治療後の経過が良好なのも大きなメリットです。

中等度歯周炎
歯周ポケットが深くなって、炎症が進行している状態です。歯を支える顎にまで菌が達しており、指で歯を押すとグラつきがあります。また、歯ぐきの腫れや出血が目立ち、歯が浮いたような感覚や、口臭が現れるようになります。 中等度歯周炎
治療法
ルートプレーニング 歯周ポケット掻爬(そうは)術

ルートプレーニング

「スケーリング」では除去し切れない、歯周ポケットの奥深くに付着したプラークや歯石を「キュレット」と呼ばれる専用の器具で取り除いていきます。また、仕上げに表面をツルツルにして、汚れの再付着を防止します。

歯周ポケット掻爬(そうは)術

歯周ポケットの奥深くに溜まってしまったプラークや歯石、膿や歯周病に感染している組織を外科的に除去する方法です。なお、施術の際には局所麻酔を用います。

重度歯周炎
歯を支えている顎の骨が歯周病菌によって半分以上溶かされてしまった状態です。歯がグラグラと揺れ、膿や強い痛み、ひどい口臭が現れます。このまま症状が進行すると、歯が自然に抜け落ちてしまうこともあります。 重度歯周炎
治療法
エムドゲイン法 GTR法

エムドゲイン法

溶けてしまった顎の骨の部分に「エムドゲインゲル」という薬剤を注入し、骨などの歯周組織のスペース確保と再生を促す、歯周組織再生療法です。

GTR法

「メンブレン」という特殊な膜を顎の骨に挿入し、骨などの歯周組織のスペースを確保して、再生を促進する歯周組織再生療法です。

高度な技術が必要な歯周外科処置も対応可能です

高度な技術が必要な歯周外科処置も対応可能です

当院の院長は歯周外科の勉強会で講師を務めており、歯周病学会にも入会しています。ここで学んだ高い技術を生かし、最新の治療もご提供可能です。以下では、当院が行っている歯周外科処理についてご紹介します。

CTG(結合組織移植術)
  • CTG(結合組織移植術)
  • CTG(結合組織移植術)
  • CTG(結合組織移植術)

症状悪化によって歯周組織が薄くなり、歯根が露出している場合には「CTG(結合組織移植術)」を用いた治療を行います。口蓋(こうがい)から結合組織を用意し、痩せてしまった歯周組織の部分へ移植します。

FGG(遊離歯肉移植術)

FGG(遊離歯肉移植術)

上顎の内側にある固い歯肉から、遊離歯肉と呼ばれる組織を取り、痩せてしまった歯周組織に移植するのが「FGG(遊離歯肉移植術)」です。歯肉の厚みが増すので、メインテナンスも楽になり、歯周病菌に強い組織にすることができます。

院長からのアドバイス~歯周病防止の第一歩は日常のケア~

院長からのアドバイス~歯周病防止の第一歩は日常のケア~

歯周病は「静かなる病気」とも呼ばれるほど、自覚症状を感じることなく進行する病気です。痛みや出血、腫れがなくても、すでに軽度の症状が引き起こされている可能性もあるため、少しでも違和感がある場合はすぐに歯医者を受診するようにしましょう。また、もっと大切なのは日頃のケアです。歯科医院でプロの手によるケアを受けたり、毎日の適切な歯みがきを徹底したりすることで予防は可能です。患者さんのお口の健康を守るため、当院がしっかりお手伝いしますので、ぜひ一度ご来院ください。

歯ぐきの腫れや出血がある方は、お早めに当院までアクセス方法はこちら

To Top