妊娠中の歯科治療は函南町・伊豆仁田駅近くの歯医者「きのうち歯科医院」のマタニティ診療まで

  • 055-944-6256
  • WEB診療予約

診療時間 9:00~12:00/14:00~20:00 休診日 日曜・祝日

妊娠中で歯が痛い~マタニティ診療~

妊婦さんはお口のトラブルにご注意ください

妊婦さんはお口のトラブルにご注意ください

妊娠中のお母さんの体にはさまざまな変化が起こります。それはお口の中も例外ではありません。妊婦さんの口腔内トラブルは、お腹の中の赤ちゃんにも悪影響を及ぼす可能性があるのです。これから生まれてくる赤ちゃんに健やかな口腔内環境をプレゼントするためにも、普段以上にお口のケアに努め、少しでも気になる症状がある場合は、函南町・伊豆仁田駅近くの歯医者「きのうち歯科医院」のマタニティ診療で適切な治療を受けましょう。

治療を受けられる時期

治療を受けられる時期

「妊娠中だから出産後に……」と歯科医院の受診を後回しにしたくなる気持ちも分かりますが、実際のところ出産後は育児に追われ、外出がままならなくなることがほとんどです。妊娠中は、ホルモンの乱れなどが起こるため、普段以上の口腔ケアが必要。妊娠中だからといってケアを怠らないことが大切です。当院では妊娠の段階に応じた治療や予防処置を行っていますので、一度ご相談ください。妊娠中にできる治療はすませ、万全の状態で出産の日を迎えましょう。

初期:1~4ヶ月 安定期の前段階であり、切迫流産のリスクもある危険な時期です。つわりのせいでお口の中が敏感になっていることも多いので、緊急時を除き、この時期の治療は避けるようにしましょう。
中期:5~8ヶ月 安定期に入るとつわりも収まるため、歯科治療には最適な時期です。虫歯や歯周病を患っている方は、すぐに治療を開始しましょう。また、痛みなどの自覚症状がない場合も、念のために一度歯科検診を受けるようにしましょう。
後期:9ヶ月~出産 いつ出産を迎えるか分からない時期です。お腹も大きくなっているため、診察台に乗るのも難しくなります。そのため、この時期に入る前までに治療を終わらせておくことが大切です。

赤ちゃんの歯はお腹の中でつくられます

赤ちゃんの歯はお腹の中でつくられます

妊娠7週目のお母さんのお腹の中では、赤ちゃんに「歯胚」と呼ばれる、歯の芽のようなものができはじめます。さらに妊娠4~5ヶ月頃になると、歯胚が少しずつ硬い組織に変わり、乳歯のもとになります。歯胚の健やかな成長には、お母さんの健全な食生活やお口の健康が重要です。これから生まれてくる赤ちゃんに、健康な歯をプレゼントできるよう、バランスのよい食事とお口の健康管理に努めましょう。

歯によい食べ物
栄養素 役割
タンパク質 歯の基礎をつくる
カルシウム・リン 歯の再石灰化に役立つ
ビタミンA 歯の表面の土台をつくる
ビタミンC 歯の象牙質の土台をつくる
ビタミンD 歯の石灰化を調節し、カルシウムの代謝を促す

妊娠中歯科治療Q&A

レントゲンは撮らないほうがいいですか?
歯科医院で使うレントゲンは、赤ちゃんにX線が直接届くことはありません。また、念のために撮影時にはX線防護用エプロンを着用していただいていますので、基本的に心配はいりません。ただし、妊娠初期は何が起こるか分からない時期とも言えますので、できれば控えたほうがよいでしょう。
麻酔は影響ありますか?
歯科医院で使用する麻酔は局所麻酔というもので、薬液量も少なく、注射部分で分解されるため赤ちゃんに影響が及ぶことはありません。ただし、麻酔薬にアレルギーを持っていたり、気分を悪くされたりした経験のある方は、事前にお知らせください。
親知らずの抜歯はできますか?
妊娠中の歯ぐきは炎症が起こりやすく、トラブルにつながる可能性が高くなっています。そのため、できれば結婚・妊娠前に問題になりそうな親知らずは抜いておくのがオススメです。もし妊娠中に痛みが出てしまった場合は抜歯を避け、産婦人科の先生と相談しながら消毒や投薬を行って様子を見ます。心配な方は、まずは一度親知らずの状態をお診せください。
つわりで歯がみがけない場合はどうしたらいいですか?
どうしても歯みがきができないのであれば、ぶくぶくうがいを十分に行っておき、体調の整っているタイミングでていねいにみがいてあげましょう。また、小さめの歯ブラシを選んだり、ニオイの少ない歯みがき剤を選んだりするのも効果的です。つわりが収まる安定期までは大変ですが、できる限りのケアを続けましょう。
痛み止めは飲まないほうがいいですか?
基本的に、妊婦さんにはお薬を使用しないのが一番です。しかし、そのせいでより大きな悪影響がおよび場合には、赤ちゃんに影響の少ない薬を選び、最小限の処方を行うこともあります。ご自身の判断でお薬を購入し、服用するのは危険ですので、痛みに耐えられない場合などは一度ご相談ください。
院長からのアドバイス~妊婦さんにこそ歯医者への通院が大切~

院長からのアドバイス~妊婦さんにこそ歯医者への通院が大切~

妊娠中のお母さんの体の中では、さまざまな変化が起こっています。その中でも、ホルモンバランスの崩れによって起こる歯肉の炎症は、ご自身だけでなく、赤ちゃんに悪い影響を及ぼすことも。そのため、自覚症状がない場合も、まずは一度検診を受けていただくことをオススメします。妊婦さんの状態に合わせたアドバイスや治療を行うのはもちろん、不安でいっぱいなお母さんのお話をしっかりとお伺いしたうえで、じっくりとご説明を差し上げています。どうぞ安心してご来院ください。

妊婦さんのための歯科治療 マタニティ診療なら当院まで アクセスはこちらをご覧ください

To Top